興味シンシン

興味津津または深深なnekoatama’s blog

ラッセルのルピナス

靴職人の息子であったジョージ・ラッセルが

市民菜園を二つ借りて園芸にいそしみ、地道に数々ルピナスの品種改良を行い、

ロンドン王立園芸協会のひのき舞台に、自分が品種改良したルピナスを初めて出品したのは

ようやく70歳代に入ってからであった、という話を読んで、驚きました

 

英語版のGeorge Russell (horticulturist) - Wikipediaでは、

Russell Hybrid Lupinsをチェルシーに最初に展示したのは79歳だったと書いてある!

それで10年ぶりにチェルシー・フラワーショーに行きたくなったりしているのだが…

George Russell (1857-1951)

Over more than twenty years, he used natural pollination by bumble-bees to develop hybrids with flower spikes that were larger and more colourful than the original Lupinus polyphyllus

In 2013, when the RHS held a vote to determine their 'plant of the centenary', Russell Hybrid Lupins were selected as the top plant to have debuted during the period 1933-1942 and voted second overall.

 

 

www.rhs.org.uk

Public days 24 - 26 MAY

もうチケット売っていて、午後の部で43ポンド(6800円くらい)
(朝からの1日だと65ポンド9900円)ですね

これより遅い

「ハンプトン・コート宮殿フラワー・ショー」の方、午後の部で22ポンド(1日33ポンド)

Public days 5 - 8 July

 

youtu.be

 

巴里がメインなので、ユーロスターで行くとすると、それ初体験なので

冒険譚になる??が、どうでしょうか(未定)

ユーロスターは6か月前から予約できるようだ

パリ北駅Paris nordからキングクロスLondon st-pancras????

 

ガーデニングとイギリス人: 「園芸大国」はいかにしてつくられたか

ガーデニングとイギリス人: 「園芸大国」はいかにしてつくられたか

 

 

 

[rakuten:kyotane:10000583:detail]