読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味シンシン

興味津津または深深なnekomegami’s diary

いまどきのアマチュアHP

アマチュアのHPは、 全盛のブログと比べて つながりに弱い 肝心かなめのテーマで検索しても 29ページめにやっと表示されていたりする (それなりにRSSを作っていても・・です) しかし、自分の好みで(力量はあるが)すきかってができるところは 捨て難い ブログはHPとの連携がわからなかったのですが Twitterは埋め込める・・これがアマチュア、個人的HPにもよいかも・・・ じっくり 自分仕様で 文を書いて 関連検索して リンクを残し テーマを 継続して行く 基本、これだけなんですけど・・ それはそうと、先日テレビ「世界一受けたい授業」に石井裕先生という、「日本人初の終身MIT教授」が出ていたのですが、 あと20年しか生きられない、時間が限られている、ということをいっておられました そうです、時間は限られていますよね・・どう使うか(~_~;) http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120918/20120918.pdf 廃止された国家戦略局の この「世界で活躍し『日本』を発信する日本人 プロジェクト」(2012年9月)をみていたら

タンジブル・ビッツという新しいヒューマン・インターフェース・ビジョンの研究を創始。 その根底には、宮沢賢治らをはじめとする日本の詩人や芸術家の価値観や美学がある。 Ishii is Jerome B. Wiesner Professor of Media Arts and Sciences at the MIT Media Lab, where he is head of the Tangible Media group and co-director of the Things That Think (TTT) consortium. Ishii's research focuses upon the design of seamless interfaces between humans, digital information, and the physical environment. 

へぇ~~~~それ、どういうことかなTwitter読むとすぐわかるよ)