興味シンシン

興味津津または深深なnekoatama’s blog

アートカレンダー:アメリカの秋

Bierstadt Albert Autumn in America Oneida County New York

アルバート・ビアスタット(Albert Bierstadt, 1830 - 1902)はドイツ出身のアメリカの画家。 広大な西部の自然を描いた『ロッキー山脈』(1863年)や『コーコラン山』(1875年頃-1877年)などの風景画で知られ、ハドソン・リバー派の代表的な画家とされている。

彼の用いる非常に大きなカンバスはうぬぼれ屋の贅沢と思われた。なぜなら、それは決まって一緒に展示された同時代の作家の作品をとても小さく見せてしまうからだった。画題の選択に於ける彼のロマン主義は明らかである

 

https://www.kobo.com/jp/ja/ebook/the-rise-and-fall-of-albert-bierstadt-artist-priest-of-the-westt

artists of the Hudson River School (1840-1880)

 

ja.wikipedia.org

ハドソン・リバー派の絵画には19世紀アメリカの発見、探検、移住という3つのテーマが映し出されている。また、そこにはアメリカの風景が人と自然が平和的に共存する牧歌的な世界として描かれている。ハドソン・リバー派の絵画は、写実的で細かくしばしば理想化された自然の描写に特徴付けられる。そこには植民地主義政策と荒野も描かれている。ハドソン・リバー派の画家たちは宗教上の信仰の深さはそれぞれであったが一般的にアメリカの風景という自然の中にの偉大な顕れを観ていた。

 

Albert Bierstadt at the Cole House, Frederic Edwin Church at Olana

 

親友の妻を奪ったというあたりに反応してしまった、ロマン主義!!??