興味シンシン

興味津津または深深なnekoatama’s blog

本・蔵書整理

「日本人の9割がやっている残念な習慣」

予約して2年近く待った図書、というシリーズで??「日本人の9割がやっている残念な習慣」130項目 日本人の9割がやっている残念な習慣 (青春新書プレイブックス) 発売日: 2018/06/21 メディア: 新書 ようやく順番が来て読みました・・見ると柳の下にドジョウ…

図書予約1年経過の本

おはよう。「妻のトリセツ」・・ 本日は図書館で予約1年経過の記念日!?あと6人になるまで1年かかった・・(;'∀') 今日は予約取り置き図書をもらいに行かねば・・ ”夏井いつきの「花」の歳時記”など楽しみ。 では、今日も何もなく過ぎますように。無事是名馬…

「悟浄出世」(悟浄が孫悟空に出会うまで)

おはようございます~。皆様の今日の日課はいかが? 夏は早寝早起き推奨ですよね。こちら5時からベランダ巡回、水やりを終了して、今から1時間フリータイム、ネット散策時間です。 昨日はその後7時過ぎから10時までベンキョウ、その後、勃発中の家庭問題対処…

5月31日刊

今日から6月。本来だったら旅をしていたはずですが、今や「フランスはあまりに遠し」・・状態・・ 昨日刊という‥‥ 以下を購入予定。(別の本を買ってしまったのでちょっと後で~) フランスの歴史を知るための50章 (エリア・スタディーズ) 発売日: 2020/05/3…

7日間ブックカバーチャレンジ (真似物件その7)

#7日間ブックカバーチャレンジ (真似物件その7)辞典フェチからの最後の一冊は?「広辞苑」にしておきます。「広辞苑によれば」という語は、たしかに「知的な楽しみの合言葉」でした。その広辞苑が2018年に第7版になり、新たに加わった言葉に、「ゴルゴン…

ブックカバーチャレンジ(真似物件その6)

ヤマザキ・マリさんが「どうしても、この男が描きたかったというプリニウス・・ 下は辞典フェチの古典、『プリニウスの博物誌』と、『テオプラストスの植物誌』 https://www.shinchosha.co.jp/plinivs/news/ プリニウス コミック 1-9巻セット 作者:ヤマザキ …

7日間ブックカバーチャレンジ(真似物件その5)

文学という言葉は,東洋でも西洋でも,およそ〈学問〉というほどの意味に用いられたことが多い。まだ科学が十分に発達しない時代には,勉強するとは古い本を読むことを意味した以上,これは当然のことであり,また一方,修辞学(レトリック)が,つまり文学的…

ほんとのブックカバー?(チャレンジその4)

はじめ、ほんとのブックカバーチャレンジ??か、左の「ブックカバー」だけ出そうと思った・・これはわたしが初めて買った(とおぼしき)吉田精一の『日本近代詩鑑賞』・・・・(三部作のうち、明治篇が今は見当たらず2冊のみ、あとで探してみます) 中身だ…

7日間ブックカバーチャレンジ(真似物件3)

商売柄(?)かばんは辞書で重いですが、これは必携です。右の漢字暦は、『字統』からの出典で、難解な部分があり、私としては『常用字解』からの方が良いと思うが・・(そちらは厳密には白川静著とは言えない)

7日間ブックカバーチャレンジ(真似物件2)

カント先生を語る池内先生(7日間ブックカバーチャレンジ)

7日間ブックカバーチャレンジ(真似物件)

辞典フェチからの一冊:美術篇(7日間ブックカバーチャレンジ) DELさんちでみた「7日間ブックカバーチャレンジ」ですが、 これはまねしよう~、と思いました! 自分ルールがいいよね。 https://scotchhayama.hatenablog.com/entry/2020/04/29/144716 友人の…

「《驚異》の文化史」

下の本はツンドク本になっっていたが、 ようやく読み始めた・・・ 文献追記である・・・https://karakusamon.com/budoukyou3.html https://www.unp.or.jp/ISBN/ISBN978-4-8158-0817-4.html 〈驚異〉の文化史―中東とヨーロッパを中心に― 発売日: 2015/11/10 …

読みたい本(読みたい人)

「世界ふしぎ発見」の録画視聴ノルマミッションであるが、この本を読みました。 篠原かをりさんのって面白いね‥しかし図書館にはほかの本がない・・漫画家も面白そうだが・・ このほか、湯山玲子さんという方も面白そう!!!!しかしこちらも、新しめなのは…

植物図鑑のおすすめ本

前に作ったお薦め本集成があまりに古くなり‥見ていました・・ラインナップはこのあたりかな?? 進士五十八 さんの本 花のおすすめ本2007もみる

半年ぶりの「おとなのOFF」

「日経おとなのOFF 2020年 絶対に見逃せない美術展」 「日経おとなのOFF」って休刊しちゃったじゃなかったっけ?https://www.nikkeibp.co.jp/images/houjin/ad/upload/off_notice.pdf このテーマ、毎回買っていましたが今回もだって堂々一位だって?? 『日…

「本好きの下剋上」と「フォント男子」

昨日は11月3日で文化の日、某所のサポートへ そこでフォント男子なるコミックを見ました・・ フォント男子! (1) (角川コミックス・エース) 作者: ヴァージニア二等兵,株式会社モリサワ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/04/10 メディア: コミック こ…

古本の香りを消す

全集物の2冊本(同テーマの2分割)を古書で買ったのだが、そのうちの1冊は北海道からで、郵送料が1300円!!と高額であった。 (もう一冊は500円) ちょっと驚いた… 久しぶりに買ってよかった物件なのだが・・・あと「古本のにおい」がきつい。オードパフューム…

地図にない国への旅

今日は図書館初詣モード・・読みきれなかった図書を延長してもらったり・・ 下のこれなんだが・・ 「地図にない国」への旅という‥ ビザンティン (世界歴史の旅) 作者: 益田朋幸 出版社/メーカー: 山川出版社 発売日: 2004/01/01 メディア: 単行本 この商品を…

今年図書館で

今年図書館で借りた本をチェックした 累計99冊であった・・・猫頭な本棚--Bookshelf-- (図書館はウォーキングコースとなっております~~~) 図書を返す前に何とか読む、という在り方・・・ 良いのではないの?? 読みきれなくて2週間×4回とか(延長) 時間を…

失敗図鑑?クリエイティブでない?

このサイトの記事が面白かったblog.gururimichi.com 中で、読みたいと思ったのは(読んでいたかもしてないが) 天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々 作者: メイソン・カリー,金原瑞人,石田文子 出版社/メーカー: フィル…

イラストで読む「列伝」

ことしもクリスマスカウントダウン中・・ MEANDER メアンダー – 美術史・文化探訪 アドベント期間前半に、2018年を振り返った後は、2019年の目標・・などを考えてみるわけだが・・それは手帳に書き記すことにし、WEBでは、ボッティチェッリの作品をみながら…

「マルクのまなざし」

Amazonでも買えるのでびっくりした。 MISUZU CALENDAR 2018 マルクのまなざし ([カレンダー]) 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2017/11/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る でも、直接送ってもらう方がいい?? 半端切手を送ったわけです…

第40回サントリー学芸賞受賞者の本で

第40回 サントリー学芸賞決定 2018年11月16日 ニュースリリース サントリー www.suntory.co.jp この中で私が読むのはどれでしょう? 文化史ということで bensei. 水族館の文化史―ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界 作者: 溝井裕一 出版社/メーカー: 勉誠…

調理と栄養素のはなし

「その調理、9割の栄養捨ててます! プロも絶賛 体が変わる食べ方のコツ 」東京慈恵会医科大学附属病院栄養部/監修 東京:世界文化社 2017年03月 テレビで話題だったのだが、図書の順番待ちが半端ない本で、もう、1年半たってしまっています。しかし、この…

返却前の図書チェック

来年の手帳選びというお楽しみ(お苦しみ?)も終わり・・ 今日は「手帳300%活用術」という文庫本(図書)返却前のチェックです・・ ただいま図書館の方、10月1日から、なお一部休館です・・ 照明をLEDにするためだそうだが、WEBサイトの方も整備されて、今…

ウィキメディアがさらに凄い

今朝ちくまプリマ―新書の『西洋美術入門』の口絵をチェックしていて、 ウィキメディアなのだが、 ゴッホの項のまとめがすごいので もう 恐れ入りました!! なんと Van Gogh works by date それも月別!!!! https://www.karakusamon.com/2018k/bijyutusi_ikeg…

旅の半分経過

italy-roman.hatenablog.com マンテーニャを見る italy-roman.hatenablog.com italy-roman.hatenablog.com italy-roman.hatenablog.com

赤瀬川源平とマンテーニャ

赤瀬川源平(1937 - 2014)の『ルーヴル美術館の楽しみ方 (とんぼの本)』古い本なのだが、またみていた (ちなみに「ルーブル美術館』と書いたらいかん、遺憾であるらしい) ルーヴル美術館の楽しみ方 (とんぼの本) 作者: 赤瀬川原平,熊瀬川紀 出版社/メーカ…

反射力

(『パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学』池谷裕二 クレヨンハウス2017年8月刊(p102) 適当という人間の賢さ 「子どもは何でもすぐに覚えられてうらやましい」という方がおられますが、これは間違った考えです。残念ながらの脳が未熟なために、正確な記憶…

このところのテーマ

最古のモード(カウナケス):羊 豹の毛皮を着る事の意味を見ているうちに、すごい「怖い」ところに紛れ込んでしまいました。この本でした。「毛皮と皮革の文明史–世界フロンティアと略奪のシステム–」下山晃著目次・・・おそろしい!ヒトの皮を着る神・・・…