興味シンシン

興味津津または深深なnekoatama’s blog

勉強

2冊目の手帳(2019用)

ほぼ日から再販メールが来たので、例の手帳を予約しました・・但し送料のかからない、アマゾンでね。Amazonでは、これも買いたかったけど↓ 世界で最も美しい12の写本 ―『ケルズの書』から『カルミナ・ブラーナ」まで』 作者: クリストファー・デ・ハーメル,…

庭園とは

庭園 - Wikipedia 「欧羅巴の人々にとって庭園とは何であったのか、またそれは野生の自然と比べてどのように緒となっていたのか」・・ということだが 人類最初の人間アダムが最初のガーデナーであった・・ エデンの園は、見て好ましく、食物になる 果物のな…

「植物学とオランダ」

大場秀章さんの「植物学とオランダ」読了 以下再読しながら 抜き書き 植物学とオランダ 作者: 大場秀章 出版社/メーカー: 八坂書房 発売日: 2007/07 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る 「心地よい緊張と知的興奮に包まれて…

オランダ黄金時代絵画

絵画からオランダを見るとすると 「ブリューゲルとネーデルラント絵画の変革者たち」 幸福 輝/著 東京美術 2017年04月刊 ・・はどうかな? ブリューゲルとネーデルラント絵画の変革者たち (ToBi selection) 作者: 幸福輝 出版社/メーカー: 東京美術 発売日:…

植物の静物画 人と植物とのかかわり

以下は月末に迫る 「植物から見るヨーロッパの歴史」のための試験勉強である(;'∀') (放送大学 草光俊雄・菅靖子先生) 「植物から見るヨーロッパの歴史」を読む 第4章の 植物画:オランダと植物画の再読(抜き書き) ポッジョ・ア・カイアーノ フィレンツェ西部…

『プリズン・ブレイク』でのスキュラ

このところ、Amazonで『プリズン・ブレイク』シーズン1-4(2006-2009)を見ていました 昨年「シーズン5」として7年ぶりに復活ということであるが、 ウェントワース・ミラーとドミニク・パーセルの二人組って 私の方は、 THE FLASH/フラッシュ (2014 - 20…

コスチュームプレイの世界?

服飾史を見ているのだけれど モードやファッションの歴史を見たいわけじゃなくて そう、動物(豹・ライオン)の皮を着る意味とか、例の人の皮を着た恐ろしい神の図像とかを見たり・・というそっちのテーマなのだが、 このブログの、過去記事をみたいたら 「ズ…

ノイマンというと

ノイマンというと ジョン・フォン・ノイマン - Wikipedia こちらが出てきますが、私の関心の方では ノイマンはこちら エーリッヒ・ノイマン - Wikipedia でも、心理学でなくて、神話学的な方面で・?? グレート・マザー―無意識の女性の現象学― Amazonより楽…

返却前図書整理シゴトなのだ

今日は図書を返却する日で、ざざざっと、見返すと、 「できない脳ほど自信過剰」池谷裕二著 p225 古代ギリシャ時代には、ローズマリーを髪にスプレーすると記憶力が高まると信じられていました。「手軽に」という願望は古来変わらないようです ふむ・・ あと…

「生命の木」

ジャック・ブロスの「世界樹木神話」を読んでいる この一冊に30年かけたという!! 内容が厚い 非常に饒舌文学的な文体だが、 出てくる文献をみたら Robert Graves・・フェミニズムはちょっとこわいが The White Goddess - Wikipedia 「白い女神」というこ…

植物と市民・・・の文献

「歴史Ⅱ 植物から見たヨーロッパの歴史」面白い科目(放送大学) だったのだが、 一つ選んだ参考文献からも芋づる式に、読むべき本・読みたいものが増えるので ・・・1月下旬の試験に間に合わせる気がなくなったのであった(試験延期して楽しみ読む♪) 「植物と…

今年もチューリップが楽しみ!?

チューリップについては今までも何度か見ていましたが、もう一度・・→チューリップ 花の図像:華唐草 装飾の美術:チューリップ 上の2ページです(毎年の花壇写真は別にある) リンク切れを削除 直さねばならない頁ってまだほかにもけっこうありますが、 別…

寄り道(ロンドン南東)

エデン・プロジェクト(バイオーム)というのを見て 行きたくなったのだが、 In the extensive and thoughtfully landscaped grounds of the former quarry which houses the Biomes that are the feature constructions of the Eden Project. コーンウォー…

カテゴリー(植物文化)

他のブログを移入していることもあり このブログのカテゴリー分け少々ぐちゃぐちゃ パーソナルな日記の別の文房ブログよりましだけれど 植物文化の勉強カテゴリーは必要だ・・ nekomegami.hatenablog.com nekomegami.hatenablog.com nekomegami.hatenablog.c…

別の視点

pin.it もうないと思ったが、別の視点があって、帝国主義とナツメヤシというテーマでも書けるようだった・・・おもしろい https://www.karakusamon.com/palmhouse.html ヤシ という大木を収容してこそ、大温室は威容を誇ることができ る。 ヤシはまた、植民…

「好奇心のキャビネット」(驚異の部屋)

受講中の「植物から見たヨーロッパの歴史」の件なのだが・・ そういえば、ロンドンの庭園史美術館で買ったお土産パンフあったっけ~とだしてきて読みました(英語)Founding the Museum of Garden Hstory4.5ドル~ チャールズ皇太子がガートルード・ジーキル…

チューリップ・バブルはなかった?

季語、球根植うの季節。 植物学の父(のひとり) カロルス・クルシウス(1526‐1609)は 16世紀の植物学ネットワークの中心で、ライデン大学に植物園を作る。ライデン大学植物園 - Wikipedia クルシウスにとって植物学とは、まずもって植物のもたらす世界を楽…

包み(velop)を解く(de)

*発達心理学のおさらい中 包み(velop)を解く(de) ・・包まれていた何かを外部に向かって展開する←development(発達) nekoatama.hatenadiary.jp 現代心理学は避けてきたと思うが、発達科学(=心理学+教育学)ということで、 この頃のテーマです あと…

花産業の講義のおさらい

昨日の講義2つ 1.世界の中の日本ー日本の花産業の現状と将来ー by岐阜大学応用生物科学部福井博一教授(生産環境科学課程) 花き産業の方向の啓蒙で、面白かった 1998年を境に花きの産出額が急激に落ち込んだこと 2003年に 一旦急落が停止したが、2010年か…

ここまでとこれから

今日は試験の一日前なので、過去問の見直しをしよう・・と思っている ちなみに、放送大学の大学院の試験である(××学特論) このほかに30日(日)にももう一科目あるのだが、ちょっと弱気になっている 弱気というか「〇〇学概論」(大学課程)は、たいして 面…

「人生の午後3時」

試験二日前で、キーワードおさらい中だが、 危機(クライシス)というと、 「13歳の危機」についで 「中年期危機」、ということだが・・・たしかにあるようだ 某俳優さんの某エピソード!?など 倫理的にばかり捉えられているが・・ 甘いとか言われても、な…

プライム、ス テューデント

東大名誉教授で、前放送大学学長なのに、今放送大学の「学生」だから 表記を「学生」にしてくれとその「岡部洋一」さん が#TEDxUTokyo2017でご登壇されます!面白いこと間違いなし pic.twitter.com/HfghoKN6yo — Yu (@fignon03) 2017年7月9日 ハハハ(^^♪ ち…

「発達心理学特論」(獲得と喪失)

寒いですね 色々億劫ですけど、「発達心理学特論」のテキストをまた読み返しました・・ (試験は1月23日なのですが、レポート未提出で、受験資格なし。7月23日に延期中。さらに、次からは大学院から大学にダウンしようと思っている・・・・・) 働くを「傍楽…

「メディア論」のおさらい1

水越伸先生のメディア論ですけど、 メディアの歴史分は終えて、 思想・哲学の方に入り、 ちょっと検索必要物件が多くなったので、ここにて・・ 「群衆」・・19世紀末:byギュスターブ・ル・ボン(仏蘭西) =都市に集まる労働者:感情的・非合理的・衝動的、…

分子生物学

生物の系統関係を推定する分子系統学は、形態や性質の特徴の観測や測定の難しい生物の系統関係分類体系を知る上で有効な手段で、細菌や古細菌の研究手法に変革をもたらした 微生物では、培養は研究を進める上で必須の手段であり、培養方法が確定していない分…

エピジェネティクス(学)

iPS細胞とES細胞の違いについてまとめ | MedicalGemwww.medicalgem.net ES細胞とIPS細胞の違いを教えてください。detail.chiebukuro.yahoo.co.jp iPS細胞|研究用語辞典|研究.netwww.kenq.net 【ES細胞とiPS細胞の違い】 ES細胞(Embryonic Stem …

科目選択

科目選択終えました 一学期は3科目になります・・ お次は、ノートカバーえらび♪ きりん 柄 26穴 バインダー ( ルーズリーフ カード入れ 付 ) & ミニポーチ セット キリン好きに()よつ屋雑貨商品詳細を見る なんですか、これは(笑) 安売りしているのを見…

図書で読む

名画を読み解くアトリビュート / 木村三郎著. -- 淡交社, 2002. この本なんかはずっと前に買ってあったのですが あと読むべしという本は図書で・・大きい文字 返さなきゃならないと思うとしっかり読むのであった いままで借りた本の例は 森林はモリやハヤシ…

「キュクロプスの眼」

キュクロプスの眼、という語だが、これは 眼が一つしかないキュクロプス(単眼巨人)と眼が二つある人間との物の見え方が違うという話だと思っていたのであるが、 違っていた。 なんと、我々も結局のところ、1つの眼で外界を見ていると言ってよいと、人間の双…

「里山」、「生態的帝国主義」

本日は文化人類学の勉強を少々 言葉としては、「里山」、「生態的帝国主義」あたりで・・ 里山(さとやま)とは、集落、人里に隣接した結果、人間の影響を受けた生態系が存在する山をいう。深山(みやま)の対義語。 歴史的に見て日本列島の里山は植生が極度…