読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味シンシン

興味津津または深深なnekomegami’s diary

細胞内共生説

細胞内共生説 intracellular simbiotic theoryとは

1)以下はWikipediaからの引用

ミトコンドリアと葉緑体
細胞内共生説(さいぼうないきょうせいせつ)とは、1967年マーギュリスが提唱した、真核生物細胞の起源を説明する仮説。
ミトコンドリアや葉緑体は細胞内共生した他の細胞(それぞれ好気性細菌、藍藻に近いもの)に由来すると考える。

 

マーギュリスが唱えた説の内容は、 細胞小器官のうち、ミトコンドリア、葉緑体、中心体および鞭毛が細胞本体以外の生物に由来すること。 酸素呼吸能力のある細菌が細胞内共生をしてミトコンドリアの起源となったこと。 スピロヘータが細胞表面に共生したものが鞭毛の起源となり、ここから中心体が生じたこと。 藍藻が細胞内共生して葉緑体の起源になったこと

リン・マーギュリス(Lynn Margulis, 1938 - 2011)

『有糸分裂する真核細胞の起源』(The Origin of Mitosing Eukaryotic Cells)

マーギュリスは、ネオダーウィニズムに代表される適者生存、すなわち強い種が生き残っていくという進化の原則に真っ向から反対する立場をとる。競争ではなく、共生こそ進化の原動力であり、重要なプロセスであると主張している

 2)ついで高校講座の生物基礎

www.nhk.or.jp

 ミトコンドリアの二重膜は、ある細胞が別の細胞に入り込んだ証拠という

 

ミトコンドリアのDNAは酸素を使う細菌のDNAによく似ており、葉緑体のDNAはシアノバクテリアのDNAによく似ている

 3)コトバンクから

kotobank.jp

4)生物用語

 

共生説|生物分子科学科|東邦大学理学部

真核生物の細胞小器官は、異種生物が細胞内に取り込まれ細胞内で共生することにより生じたとする学説。1970年 Lynn Margulisが提唱し、ミトコンドリアはα-プロテオバクテリア、葉緑体はシアノバクテリアが起源であり、核と細胞質の起源は古細菌であることが共通認識となっている。 (参考出典;分子細胞生物学事典第2版)

 

共生 - Wikipedia

リン・マーギュリス(Lynn Margulis,1938年‐2011年)は、真核生物の細胞内にあるミトコンドリアや葉緑体は、細胞内共生細菌が起源であるという説を提唱した。これらの細胞小器官は独自のDNAを持つことなどから、1970年代以降この説の基本的な考え方は広く受け入れられるようになり、むしろ細胞内共生は当初マーギュリスが想定したより遙かに一般的な現象であることが明らかになった。