読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味シンシン

興味津津または深深なnekomegami’s diary

キルヒャーの猫オルガン??

文化、言葉、文字
ウンベルト・エーコの対談の「もうすぐ絶滅するという紙の書物について」を読んだのだが、 アタナシウス・キルヒャー(Wikipedia)を初めの一冊を除いてすべて収集したというくだりがあった・・・ 単位認定試験が終わったので、また、こういうのを見たいと思いつつ~~~~ 近くの図書館にはないようだ・・
キルヒャーの世界図鑑―よみがえる普遍の夢キルヒャーの世界図鑑―よみがえる普遍の夢
(1986/04)
ジョスリン・ゴドウィン

商品詳細を見る
Kircher's Cat Pianoはかわいそうである(~_~;) Kircher's Cat Piano (http://en.wikipedia.org/wiki/Cat_organ

この装置はアタナシウス・キルヒャーがその著書「普遍音楽論」で紹介したことでも知られている(彼が実際に見たことがあるかは定かではない)。キルヒャーの「情動論」によれば、音楽は体液を介して人の精神や身体に影響を与え、奇跡のような治癒効果さえ持ちうるものだった

Wikipedia:猫オルガン) それに関連するネット記事(2010年にチャールズ皇太子がクラレンス・ハウス宮殿でガーデンパーティーを開いた際に、皇太子の持続可能な生活を提言する「スタート」プログラムに賛同した音楽家のヘンリー・ダグが鳴き声の出るおもちゃを使ってこの猫オルガンを再現したという動画あり) http://ridiculouslyinteresting.com/2013/02/12/katzenklavier-the-cat-piano/