興味シンシン

興味津津または深深なnekoatama’s blog

旅するイタリア語・・

昨日、ヤマザキマリさんが、NHKの「スタジオパークからこんにちは」に出ていましたhttp://www6.nhk.or.jp/park/

イタリア美術の解説「独断美術館」だそうだが良かった

 

『旅するイタリア語』は10月からで、始まったところなので、落ち着けそうなので

10月から3ヶ月分のテキストをKidleで安く買った

1月号から買うなら紙の本でしょう~~(多分出てないコンテンツがあるから)

また後ほど~

www2.nhk.or.jp

 

NHKテレビ 旅するイタリア語 2016年 10月号 [雑誌] (NHKテキスト)

NHKテレビ 旅するイタリア語 2016年 10月号 [雑誌] (NHKテキスト)

 

 

 

NHKテレビ 旅するイタリア語 2017年 1月号 [雑誌] (NHKテキスト)

NHKテレビ 旅するイタリア語 2017年 1月号 [雑誌] (NHKテキスト)

 

 

代弁してもらったような

お題「SMAP」

さっき読んだBLOG 良かった!!

ayapiii.hatenablog.com

何か代弁してもらったような気持ちになった

こちらは大したファンだったわけではない・・

キムタクがCMしていた富士通の携帯をなんとなく選んで買ったら、すぐに、SMAP5人でのソフトバンクCMが始まって・・アレッ^^;とおもったりしたくらいのものですが、あれかっこよかったですね

mantan-web.jp

 

上のこれ、たしかに、とてもよかったですね

はてなDiaryの方に書いたのはこの程度だった

d.hatena.ne.jp


※新年が始まったので、あたらしいことを、ということで、こちらのBLOGにも「お題スロット」で書こうと思う 

ことしのWebsaite

⇒言葉言葉言葉(Website)

なんだか知らんがこっちにリンクしておきます。

そうだ。
座右の銘を100集めるという計画があったのでした・・
いや座右の銘は一つあればいい!とおもう、けれど~~~
HAHAHA

そうだ!嬉しいんだ 生きる喜び

そうだ!嬉しいんだ 生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも
何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで
時は早く過ぎる 光る星は消える
だから君は行くんだ 微笑んで

 

こんな本があったのね

 

文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説

文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説

 

 

matome.naver.jp

楽天ポイントが溜まっていたので、これを買いましたよ~~

「小6の少年が「文房具図鑑」出版 解説も的確、メーカー熱視線」って。そうなの?

あとは何買いましょう??

やりたいこと

今週のお題「2017年にやりたいこと」

来年やりたいことを考えてみて、

1.はてなダイアリーからはてなブログに引っ越す?ということも考えてみたのだが、どうもレトロなお歳のせいか!?地味にスローモー。ま、もっと書きます。

2.テヴェレ川沿いをゆっくり歩きたい。これは1月中にちゃんと計画して、一人でもできるもん(`´)と威張りたい。

断腸亭日乗→??日乗

昨日の日記を書こうとしたら、

もう書いてあった(日付を変更するのを忘れた)・・^^;ので・・こちらに書きます…‥

すると、お題がありましたね・・あっちの古いはてなでは見かけなかったような…‥

 

f:id:nekoatama:20161121103920j:plain

最近の極私的出来事というと、長らくリビングのここにあった机を、

私の部屋に移動したこと・・

机の表面積を広げ、頭の中も広く使うという感じで、自分の机の後ろにそれを配置した(そこにあったベッドは春に別室に移動している)

男鰥に蛆が湧き、女孀に花が咲くというが、^^;・・いやそうあらねば!!

今月で1年の喪があけた・・

お題だが、「5年後、自分は何をしているかな」・・ということだが、

未だ亡くなっていない人呼ばわりされる身の上とはなったが、

5年後、兎に角、明るい気持ちで生きていられたらよい・・

そして、夢であったことの幾つかを実現していること!

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」

http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

 

 

発達心理学の勉強(1)

今学期の勉強は、「発達心理学」を選んだ

英語でdevelopmental psychology・・・・(Developmental psychology - Wikipedia)

子どもの発達段階だけに関することでなく、人間の生涯全体的なこと、「生涯にわたる獲得と喪失の過程」を考えるということだが・・

まず、人名検索からになりそうなので、、ここにノートします

英語版に挙げられている人名は以下7名だが、

ユリー・ブロンフェンブレンナー

エリク・H・エリクソン

フロイト

ジャン・ピアジェ

バーバラ・ロゴフ

エスターThelen

レフ・ヴィゴツキー

 

 

テキスト(『発達心理学特論 (放送大学大学院教材)(15)』)

「生涯発達の理論的系譜」(P15)あたりから順に挙げると、

・ライフサイクルに関する哲学的反省・人生訓

孔子(紀元前5世紀)など

・人の生涯を幾つかの発達的時期に区分することの始まり

テーテンス(Tetens 1777)

カールス(Carus 1808)

・人の生涯を5つの時期に区分

ビューラー(Bülher 1928)

 

フロイト(Freud 1900年代初頭~半ば ヨーロッパ:理論的段階)

ピアジェ(Piaget 〃 )

ハーヴィガースト(Havighurst〃 アメリカ:実質的段階 発達課題)

 

エリクソン(1900年代半ば以降 生涯にわたる発達を問題とする)

コールバーグ(Kohlberg)

 

ユング(Jung 成人期のパーソナリティの発達)

レヴィンソン(Levinson9

グールド(Gould)

・人の発達を「生涯にわたる獲得と喪失の過程」として捉える

バルテス(Baltes 『補償を伴う選択的最適化」 )

ヴィゴツキー(Vygotsky 発達の危機の指摘) 

 

発達とは「人がその環境を受けとめる受けとめ方や環境に対処する仕方の継続的な変化」

ブロンフェンブレンナー(Bronfenbrenner 1996)

レーナー(Lehner)

・・・・と言うことなので、

ヴィゴツキーとブロンフェンブレンナーをまずはしっかり見ることにします

 

レフ・ヴィゴツキー - Wikipedia

10年ほどの短い研究活動の中で、発達心理学をはじめとする幅広い分野について数多くの実験的・理論的研究を行い、37歳の若さで世を去った。

 

主著:思考と言語 - Wikipedia

ユリー・ブロンフェンブレンナー - Wikipedia

 

人間の発達についての独自の理論として、生態学的システム理論を構想した。ブロンフェンブレンナーは、子どもの発達に影響を与え得る環境要因には、その子どもの直近にいる人々や組織から全国的な文化の諸勢力まで、数多くの異なるレベルがあると述べた

 

子どもの発達 - Wikipedia

 

ノート(バインダー)

f:id:nekoatama:20161007203810j:plain

新学期である

今学期の勉強は

発達心理学特論と漢字検定1級

ノートの方

右が部首(意符)別ノート(B5綴じノート7冊)
中央が音符字別ノート(B5ルーズリーフ ファイル2冊)
左が最近やっている四字熟語ノート(綴じノート一冊、A5ルーズリーフ1冊)

・・と書きましたが、

 A5ルーズリーフの方、コクヨの超薄いやつ・・

 

コクヨ キャンパス バインダーノート A5 20穴 25枚収容 黄緑 ル-SP130YG

コクヨ キャンパス バインダーノート A5 20穴 25枚収容 黄緑 ル-SP130YG

 

これです。好きな色です。

でも、

四字熟語はまず200目標で、一枚に一つなので、

これじゃだめですね

他のバインダーが気に入らないのです・・   

 

マルマン A5 ファイルノート ジウリス バインダー 20穴 ブラック F289A-05

マルマン A5 ファイルノート ジウリス バインダー 20穴 ブラック F289A-05

 

 

いつものバインダーはジリウスですが、今回、暗記用なので、

幅がジリウスはちょっと大きめなので、これではないほうがいいかも

・・と思いつつ検索です

 

 これはスリム用でした・・

下のを購入

 

 

 

 

 

イタリアの通貨

マリオ・プラーツ美術館
イタリア、イタリア♪なのだが、
ローマのマリオ・プラーツ美術館の入場料が4000リラとあって・・
リラ??
http://www.japanitalytravel.com/back/museum/2001_0621/0621.html
このサイトは2001年で、ちょっと古かった・・
wikipedia によればイタリア・リラ(Lira italiana)は、2002年まで使用されたという
、、2000リラが1ユーロ換算だったという・・

こちらでは入場無料とある
http://www.polomusealelazio.beniculturali.it/index.php?it/249/casa-museo-mario-praz

 

ルキノ・ヴィスコンティ監督『家族の肖像』(1974年)での主人公たる老教授のモデル

 

家族の肖像 デジタル・リマスター 無修正完全版 [DVD]

家族の肖像 デジタル・リマスター 無修正完全版 [DVD]

 

 



マリオ・プラーツが好きかどうかわからない・・(蛇・・おそろしかも)

今日また、たまたままた出くわした・・という感じ

 

ムネモシュネ―文学と視覚芸術との間の平行現象

ムネモシュネ―文学と視覚芸術との間の平行現象

 
蛇との契約―ロマン主義の感性と美意識

蛇との契約―ロマン主義の感性と美意識

 

 

 

 

メデタシ (着地点が違うけど)

試験終わって恒例机上整理中・・・

これ楽しい

ここまでの勉強は

30~40年分の人文系の知見のおさらいになって、

「わかった」という感じがした・・

とくにあのあたり面白かった・・

理系の学問の「実験装置」に対置する、人文系の「概念装置」という言葉を知った ・・これは内田義彦さんが作られた、「概念装置」という概念という・・

メデタシ (着地点が違うけど)

ともあれ、

りくろうおじさん、551をお土産に

解放感をあじわえたのであるが・・

次の科目は何をするか、要検討・・

「メディア論」のおさらい2

前回のおさらいで

「特定少数」ではなく

特定多数」なる違和感のある言葉の周辺などを見ていましたが

その他「ガラパゴス化」についても、ガラケー(ガラパゴス携帯)だけでなく、もっと「社会構造的」なものであるという

孤立ぶり、ガラパゴスぶり

「国家のテレコム政策(制度政策)や企業の産業戦略だけでなく、日本社会の地理的、歴史的特性によって生じている部分大きかった」という(by水越伸)

日本というのは日本人が自画像として語ってきたような、「小さな国」では決してない。相対的には世界の中で相当大きな国であるがゆえに、相対的に閉じた形で国内市場向けに展開してきた

 ナショナルスティックに賞賛するのでなく、

→異種混交的な交流を・・

日本=「高密度な情報社会」社会階級の拘束が相対的に見て弱く、メディア文化の自立性が高いという特色がある

職業人や専門家と一般の人々の能力を峻別せず、立場や役割を交換しながら、螺旋的に学びあう

 ソシオ・メディア論:「人間や社会が情報技術をいかに文化的に受容して活用していくか、メディア文化がどのような政治性、歴史性を帯びて存在しているのか、さらに人間や社会が情報技術やメディアをいかにデザインしていくのか、といったかたちで、人間や社会の側からメディアを捉えていくものの見方」を視座とする」

とにかく

マクルーハンはスターで、ハロルド・イニスも、ウォルター・オングも、ともかくだが、欧米の学者の人名は36・・つい昨日の哲学・思潮のそうだったのかという振り返り^_^; ちなみに索引にある日本人名は17ほど

 

トロント(・コミュニケーション)学派‥1950年代後半

マーシャル・マクルーハン - Wikipedia『グーテンベルクの銀河系』

ハロルド・イニス - Wikipedia

エリック・ハブロック

Walter J. Ong - Wikipedia, the free encyclopedia(『声の文化と文字の文化』)

 

■カルチュラル・スタディーズ

レイモンド・ウィリアムズ - Wikipedia イギリスのニュー・レフトを中心に広範な支持を集めた 1979年『政治と文学』Politics and Letters

スチュアート・ホール - Wikipedia エンコーディング/デコーディングモデル

ジェームズ・ケアリー(米)「儀礼的コミュニケーション観」伝達的コミュニケーション観。内容と形態:二分法という思考様式

 リチャート・ホガート

ホグベン

ランスロット・ホグベン - Wikipedia イギリス1895-1975 社会生物学 人工言語

 

おさらい1では

ギュスターヴ・ル・ボン - Wikipedia「群衆」

ガブリエル・タルド - Wikipedia」「公衆」

■亜米利加プラグマティズム

チャールズ・クーリー - Wikipedia  ネットワーク社会論 

ジョン・デューイ - Wikipedia

ウィリアム・ジェームズ - Wikipedia

ジョージ・ハーバート・ミード - Wikipedia

フランス デュルケーム学派

エミール・デュルケーム - Wikipedia 方法論的集団主義(集合表象) 社会学主義 

レジス・ドゥブレ - Wikipedia メディオロジー

思想や言説のもつ力を、その思想なり言説がいかなるメディア(媒介)によって伝えられるのかによって問う

ヴァルター・ベンヤミン - Wikipedia

 

■ドイツ・フランクフルト学派 - Wikipedia   「道具的理性」   

 テオドール・アドルノ - Wikipedia

 権威主義的態度を測定するためのファシズムスケール(Fスケール)の開発

マックス・ホルクハイマー - Wikipedia

 

エルンスト・マッハ - Wikipedia オーストリア 科学史家 「要素一元論」

 

アメリカ 「コミュニケーション学の父」(ウィルバー・シュラム - Wikipedia

 

オンリー・イエスタデイ―1920年代・アメリカ (ちくま文庫)

オンリー・イエスタデイ―1920年代・アメリカ (ちくま文庫)

 

 フレデリック・L・アレン(1890~1954年2月13日没)「ほんの昨日のこと」

 

シカゴ学派 (社会学) - Wikipedia

ロラン・バルト - Wikipedia 「作者の死」

 「作者」という概念に疑問を投げかける

 

 グローバリズムの複合的な進行 アメリカニズムの地球規模における画一的均質化

 ジョン・トムリンソン

グローバリゼーション―文化帝国主義を超えて

グローバリゼーション―文化帝国主義を超えて

 

文化の“脱領土化”がもたらす画一化(文化帝国主義)の危機と、新しい多元的連帯(コスモポリタリズム)の可能性を精緻に分析

  

デイビッド・モーレイ イエン・アング コリン・スパークス

 

ハーバート・シラー ジョン・トムリンソン 「文化帝国主義批判」

アルジュン・アパデュライ - Wikipedia 文化人類学者 グローバル化研究 都市社会学

ウルリッヒ・ベック - Wikipedia ドイツ(1944-2015)グローバリズムの誤謬

フリードリヒ・キットラー - Wikipedia ドイツ メディア論技術史

 

ミシェル・ド・セルトー - Wikipedia「日常的実践」フランス

正当的な歴史から排除されてきた民衆文化を動的な日常実践の中でとらえようと努めた

 

日常的実践のポイエティーク (ポリロゴス叢書)

日常的実践のポイエティーク (ポリロゴス叢書)

 

アレクサンダー・グラハム・ベル - Wikipedia(スコットランド1847-1922)

グリエルモ・マルコーニ - Wikipedia(イタリア 1874-1937)無線電信1895実用化

トーマス・エジソン - Wikipedia (亜米利加発明王 1847-1931)

米国RCAの創始者、デビッド・サーノフ

ルパート・マードック - Wikipedia 21世紀フォックス メディア王

ウィリアム・モリス - Wikipedia

 

レイモンド・ローウィ - Wikipedia

 

口紅から機関車まで―インダストリアル・デザイナーの個人的記録

口紅から機関車まで―インダストリアル・デザイナーの個人的記録

 

 

  索引にある日本人名

清水幾太郎 - Wikipedia(1907-1988)

鶴見俊輔 - Wikipedia (1922-2015)

 

※水越伸

http://shinmizukoshi.net/lab/

 

私のための、メディア論の参考文献

メディアやコミュニケーションの国際学会

ICA (NGO)@ワシントン

International Communication Association - Home

IAMCR(NGO)

IAMCR | International Association for Media and Communication Research

 

情報覇権と帝国日本II: 通信技術の拡大と宣伝戦

情報覇権と帝国日本II: 通信技術の拡大と宣伝戦

 
メディア史を学ぶ人のために

メディア史を学ぶ人のために

 

 

 

自分と未来のつくり方――情報産業社会を生きる (岩波ジュニア新書)

自分と未来のつくり方――情報産業社会を生きる (岩波ジュニア新書)

 

 

 いろいろあげられているが、とりあえず、私のための(私レベルの)参考文献は、このあたりで (図書にもあり)

大人のためのメディア論講義 (ちくま新書)

大人のためのメディア論講義 (ちくま新書)

 
記号の知/メディアの知―日常生活批判のためのレッスン

記号の知/メディアの知―日常生活批判のためのレッスン

 

 

勉強儀式と文具

期限が迫った大学院の試験勉強を いよいよノルマ勉強を始めようとしたのだが

ルーズリーフのストック、油断して、なくなっていました・・

紙と鉛筆がない問題発生、という感じ

ただ今メインで使ってるのはコクヨのA5ルーズリーフと ぺんてるのプラマンであるが、

プラマンの方は替え芯がそこらへんの店にあまりないので、 ネット注文し明日はもう届く予定だが、

どこにでもあるルーズリーフは 失念┓(´_`)┏ し

この「紙と鉛筆」問題で、朝から某スーパーへ セール日で朝から混んでいました・・
それにしても、ルーズリーフ (コクヨA5 100枚)って、30円は高くなっていました、という感じ┓(´_`)┏ ・・
それに「東大仕様」(ドット入り)ではないやつしかなかった 

 う~~ん 帰ってくると、今度は、プラマン(これで書くとなぜか字がうまく見える、と思っている)が擦れ始めました・・
仕方ないので、普通の万年筆にインクを入れる・・ う~~ん

 

 いよいよ言い訳がなくなると、勉強です(笑)

勉強中の休憩

 水越伸先生のメディア論ですけど

「カタカナ表記にはある種のぺダンティズム(衒学趣味)がある」

(いや、「微妙なスノビズムが込められている」であった)とおっしゃりながらも、

「歴史社会的なエージェント」とか、

「グローカルに拡大する格差」とか・・・

どうしても、そうなりますよね。

 

※理系の学問の「実験装置」に対置する、人文系の「概念装置」という言葉を知った

 ・・これは内田義彦さんが作られた、「概念装置」という概念という・・

 

 

ぺダンティズムとスノビズムは類語だと思っているが・・

以下では

スノビズムの方に、人を見下すという意味合いを付け加えていますね

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

とにかく勉強中~~ 

~~~リンク~~~~

1.クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

creativecommons.jp

 

 

2.オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン

okfn.jp

 ~~~テキスト~~~

フリーカルチャーをつくるためのガイドブック  クリエイティブ・コモンズによる創造の循環

フリーカルチャーをつくるためのガイドブック クリエイティブ・コモンズによる創造の循環

 

 

 

www.mag2.com